bsPAK85_notepc20150319202127

 ホームページとブログとFacebookの違いは何でしょうか?

 このサイトでは飲食店のホームページを初心者でも簡単に作れる方法を紹介していますが、「ホームページ」と「ブログ」って何が違うの?ブログのほうがいいんじゃない?とか、最近はFacebookであんなことやこんなことまでしちゃったりして、もうFacebookでいいんじゃないの?とか考えたりする人もいるかと思います。

 ので、ホームページとブログとFacebookの違いと、そもそも飲食店にホームページって必要なの?ってことについて書いていきます。

  あ、ホームページとブログとFacebookの違いは、技術的、構造的な違いではなく、飲食店などの仕事のホームページ、仕事のブログ、仕事のFacebook、それぞれの役割、使い方についてです。

ホームページとブログ、Facebookの違いって何?

飲食店のFacebookとは

facebook-icon-vector

 最近はFacebookで、お店のページや個人で仕事をしている人のページを作っている人も多いですよね。
 
 Facebookは、基本的に本名で登録をして使うものです。なのに、個人名以外にもお店の名前や、会社の名前、イベントの名前などなど、全く本名でない名前でFacebookにバンバン投稿が上がってきます。これはFacebookページと呼ばれるもので、個人でFacebookに登録している人なら誰でも簡単に作ることができます。

 Facebookは時系列で情報を発信したり、いろいろな人と繋がったりしてコミュニケーションをとるのにむいています。簡単に宣伝(お金をかけて)することもできたりしますし、FacebookはFacebookで、その便利さ、良さがあります。

ですが、Facebookは飲食店の基本的な情報、メニューだったり、アクセス方法、地図、営業時間、定休日、店内の雰囲気だったりを整理して見せることにむいていません

飲食店のホームページとは

飲食店のホームページ

 飲食店のホームページとは、お店の基本的な情報、お店の名前、住所、電話番号、交通のアクセス、地図、メニューやお店の雰囲気の伝わる写真などを整理して分かりやすく載せているサイトのことです。

 「この辺りに美味しそうないいお店ないかな?」「今度の飲み会どこにしよーかな」「Facebookで見つけたこの店行ってみようかな」などなど、初めてお店に行こうと思っている人に見てもらうためのものです。

 ”うちはこんな料理が、こんないい雰囲気の中で食べられる、いい店やでー。場所はここやで。あ、水曜日は休みね”というふうにお店に来たことがない人に、簡潔に分かりやすく伝えるためのものなのです。

 Facebookのように日々の情報を発信していくツールと、基本的なお店の情報を整理して見せるホームページは、対となって飲食店を宣伝広告して集客してくれるのです。

飲食店のブログとは

飲食店のブログ

 Facebookとホームページがあれば十分、ブログはいらないんじゃね?と考えるかもしれません。

 まずは飲食店のホームページを作ってからのことですが、ブログにはブログの役割があるのです。

 ブログとホームページの構造的な違いはさておき、役割的な違いで言いますと、飲食店のホームページは、これまで書いてきたように初めて訪れるお客さんに、お店の基本情報やメニュー、雰囲気などを分かりやすく説明するもので、ブログは、基本的な情報以外のお店や料理のことを書いてアクセスを集めるものです。

 ブログって日記じゃないの?と思われた人もいるかもしれませんが、飲食店のブログは、日記ではありません。もちろん日記も書いていいのですが、アクセスを集めるオウンドメディアという位置づけになります。

 オウンドメディア(ownedmedia)というのは、所有しているメディアという意味で、自分でお店の情報を発信していくメディアのことです。

 ホームページは、写真と整理された基本的な情報を載せることになるので、それほどたくさんの文章を載せるページというのは多くありません。これに対して飲食店のブログは、お仕事に絡めた文章を書いて積み上げていくものです。

 コツコツ書いていった文章で構成されるブログは、検索されやすくなります。そして、そのブログからお店に興味を持ってもらって、飲食店のホームページに誘導してしていくのです。

 このサイトでおすすめしている飲食店のホームページが作れるグーペには、ブログの機能が最初から付いているので、ホームページもブログも簡単に作ることができます。

ホームページ、ブログ、Facebookの違いのまとめ

 ホームページ、Facebook、ブログにはそれぞれ得意不得意があります。

 ホームページは情報を整理して見せることには向いますが、お客さんとコミュニケーションをとったり、それだけでものすごいアクセスを集めたりということには向いていません。

 Facebookは、瞬間的に多くの人に情報を発信できて、簡単にコミュニケーションがとれます。しかし、たくさんの情報(長い文章)を発信したり、検索エンジンからのアクセスを増やすことは得意ではありません。

 ブログは、まとまった情報(文章)を載せることができて、それを積み重ねることで、検索エンジンからのアクセスを集めることができます。けれど、情報を整理して載せているホームページのようなオフィシャル感はなく、瞬間的に情報を多くの人に発信するというものではありません。

 そんなわけで、ホームページは作ったら完成!終わり!ではありません。まずは飲食店のホームページを作って、Facebook、ブログと連携させて運営していくことが大事なのです。

 そうは言っても、飲食店に限らずですが、ホームページをどうやって作るかは本当に悩むところです。このサイトでは、とにかく簡単に、それでいて低コスト(1000円/月)で、プロが作ったようなきれいなホームページを作成する方法を紹介しています。

飲食店の一番簡単なホームページの作り方はこちら