facebook-logo-001

 ホームページを作ったら、SNSもはじめてみましょう

 えっ!?ナニナニ?ホームページも作って、ブログも作って、そんでSNSもやらなきゃいけないの!そんなの無理無理無理無理無理、む〜り〜

 という悲鳴が聞こえてきそうです。全部いっぺんに始めなくて、もちろんいいんです。それに、ブログも更新してSNSもとなるとしんどいのは分かります。

 そこは、楽する方法もあるので、大丈夫です。

SNSとは

 そもそもSNSってのはなんぞや、というところから。SNSは「social networking serviceソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、有名ドコロではmixiミクシィtwitterツイッターFacebookフェイスブックなんかがSNSにあたります。

 特に今はFacebook全盛期です。ホームページもこのFacebookからの評価が結構大事だと言われています。評価っていうのはどういうことかといいますと、Facebookからリンクが張られているということです。

 お気に入りの食べ物やさんとか、髪切屋さん、洋服屋さん、お宿などを紹介する時にそこのホームページや、ブログ、Facebookページにリンクを張ります。
 自分のホームページにリンクを張られるということは、そこからたくさんの人が見に来てくれる事にもなりますし、検索エンジンに「このホームページは良いサイトなんだね」と評価されることにつながるのです。

 よりたくさんの人に紹介されれば、よりたくさんの人がホームページなり、ブログなり、Facebookページを見てくれて、飲食店なら食べに来てくれたりするようになります。来てくれた人がそこでまた、Facebookで紹介してくれて、、、、と続いていくのです。

Facebookでホームページを活用する

 ホームページが検索エンジンに評価されることのひとつとして、たくさんリンクを貼られている、ことがあげられます。とは言っても最初から、いろんな人が自分のホームページを紹介してくれてバンバンリンクを貼ってくれるというわけではありません。

 なので、まずは自分がSNSをはじめて、自分のホームページやブログを紹介するのです。「こんなお仕事をしてます。宜しくお願いしまーす」みたいな感じで。

 自分のFacebookで自分のホームページにリンクを貼っても、検索エンジンは「リンクが貼られている、良いサイトなんだね」と評価してくれます。もちろんリンクがひとつ貼られたからといって検索順位が上がるってことでもないのですが、Facebookをやっていると、いろんな人との繋がりが自然とできてきます。(それが、いやなんだよなーという人もいると思いますが)

 自然と繋がりがで来てくると、友人や知人が応援する気持ちで自分の仕事を紹介してくれたりもします。そこで友達の友達に、自分の仕事のことが伝わったりします。友人の友人が「おお、この仕事面白いね!」とか「おお、このサービスは役に立ちそうだね〜」とまた紹介してくれることもあります。

 こんな風にFacebookなどのSNSを使うことで、より多くの人と繋がり、ホームページをたくさんの人に見てもらえるようになり、自分のホームページにリンクを張ってもらえたりするのです。

 そして、最初に書いた「楽する方法」ですが、ブログも書いて、Facebookも書いて、Twitterも書いてなんて大変だよーという人は、ブログとFacebookとTwitterを連動させちゃえばいいのです。ブログを更新すると、それが自動でFacebook、Twitterへ投稿されるようにできるのです。

 一つだけ頑張って更新すればいいので、頑張れるんじゃないかと思います。とりあえず、Facebook始めますか!

飲食店の一番簡単なホームページの作り方 TOPへ