bsTSU86_yuuyake

 ホームページに使う写真を撮るカメラってどんなものがいいのか?というお話です。

 もちろん、プロのカメラマンからしたら、一眼レフのええ奴がええ写真撮れるでしょ、ということになるのかもしれませんが、そんなええカメラでなくても、十分綺麗な写真は撮れます。

 とはいえ、一般的に言ってコンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)より、ミラーレス一眼と呼ばれるもののほうが、よく撮れたり、さらに一眼レフのほうがもっと綺麗な写真が撮れるということは確かにあります。

 安いコンデジのオートで撮った写真とええ一眼レフのカメラのオートで撮った写真では、やはり差はあると思います。ですが、初心者が撮るなら、お値段ほどの差がその写真に出るかって言いますとおそらくでないでしょう。

 まずは、綺麗な写真を撮るいくつかのコツをしっかりと抑えて、たくさん写真を撮って、このカメラじゃ限界だー、もっとええカメラがほしーとなってから上位の機種を買うのが良いかもしれません。

カメラの画素数

 何かしらのデジタルカメラを持っているなら、そのデジタルカメラでいいと思います。10年も前のデジカメで画素数も100万画素ないというようなカメラなら、新しく買ったほうがいいかもしれませんが、ここ数年に買ったものならそれで十分です。

39abf35fdc7916b855336c137a83910d_s

 デジタルカメラのことを調べていると画素数(がそすう)という言葉を耳にすると思います。

 画素数が多ければキレイな写真が撮れる、というわけではありません。が何故かカメラ屋さんではこの画素数が多いことを最初にアピールしてきますよね。

 もちろん、ある程度の画素数はあったほうがいいですし、大きく引き伸ばして屋外の看板に使うような写真はそれなりの画素数が必要になってくるのは、それはそうなのですが、ホームページに使う写真を撮るだけなら、画素数はあまり考えなくてもいいです。

 400万画素もあれば十分です。400万画素って、今のデジカメは一番安い奴でも軽く超えています。ちなみにiphone6sのカメラの画素数は1200万画素です。

カメラのイメージセンサー(撮像素子)

 カメラのイメージセンサー(撮像素子)というのは、昔のカメラで言えば、フィルムに当たる部分です。

 イメージセンサーは上の写真のようにレンズを外すと(ミラーレス一眼の場合)、実際に見ることができます。
 このイメージセンサーの大きさは大事です。イメージセンサーが大きいということは光をたくさん集めることができるということです。

 光をたくさん集めることができるということは、高画質な写真が撮れるということ、しっかりとしたボケができるということです。

 なので、これからデジカメを買うならイメージセンサーはなるべく大きい物にしたいです。とは言っても、このイメージセンサーが大きくなるとお値段もそれなりに大きくなりがちではあります。が、中にはお手頃な価格でイメージセンサーが大きい機種もあります。

 イメージセンサーのサイズについてざっくり。

  • フルサイズ (36.0mm×24.0mm)
     フィルムと同じ大きさのセンサーです。これが一般的なデジタルカメラの中で最大のイメージセンサーです。フルサイズのイメージセンサーはやはりキレイに撮れます。が、お値段的には20万円〜くらいと高額です。
  • APS-C (23.4mm×15.6mm)
     フルサイズの次に大きなイメージセンサーです。一眼レフと呼ばれるものでも、このイメージセンサーを搭載しているもののほうが多い。
  • フォーサーズ (17.3mm×13.0mm)
    その次に大きなイメージセンサー。オリンパス、パナソニックに搭載されているイメージセンサー。
  • 1型 (13.2×8.8mm)
     このサイズのイメージセンサーを搭載しているコンデジは高級コンデジと呼ばれている。
  • 1/1.7型 (7.6mm×5.7mm)
     コンデジに一番多く搭載されているサイズ。
  • 1/2型 (6.4mm×4.8mm)
     以下、イメージセンサーのサイズがより小さくなります。
  • 1/2.3型 (5.9×4.4mm)
  • 1/3.2型 (4.6mm×3.45mm)

 イメージセンサーの名前って分かりにくいですよね。大、中、小とかにしてくれればいいのに。実際には、もっと細かくサイズの違うイメージセンサーがあります。

 高画質なきれいな写真が撮れるカメラかどうかというのは、このイメージセンサーの大きさと性能に掛かっていると言っても過言ではありません。

一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラのどれを選ぶ?

 一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトデジカメの構造上の違いはちょっと置いておいて、大雑把に何が違うの?ということを簡単に。

一眼レフ
 レンズの交換ができる。大きなイメージセンサーを搭載している。その分ボディーも割とでかい。お値段もでかい。ので、ホームページ用の写真を撮るためのカメラとして初心者が持つにはハードルが高い。

ミラーレス一眼
 コンデジとの大きな違いはレンズが外せる。ボディサイズは一眼レフよりはコンパクトだが、コンデジよりは大きい。イメージセンサーはフルサイズのものからAPS-C、フォーサーズのものと色々ある

コンデジ
 コンパクトなボディ。イメージセンサーがフルサイズの超高級コンデジもあるので、一概にミラーレス一眼より安いというわけでもない。レンズは外れない。

 このサイトでは個人の小さなお店や個人事業主で起業している人にとっての簡単にキレイなホームページの作り方について書いているので、高額な投資の必要な「一眼レフ」という選択肢は敢えて外します。

 ミラーレス一眼と、コンデジのどちらを選ぶか。

コンデジがいいのはこんな人

 とにかく軽くて扱いやすいカメラがいい。良い写真を撮るためにはそれなりの枚数を撮ることになります。となるとカメラの重さというのはけっこう大事になってきます。

 お値段もかなり低価格のものからあるので、最初の一台に選びやすい。

 カメラの軽さコンパクトさは欲しいけど、高画質な写真を撮りたい、という人はイメージセンサーの大きなものを搭載しているコンデジがおすすめ。

ミラーレス一眼がいいのはこんな人

 ホームページ作りをきっかけにちょっとカメラを始めてみようかな。

 レンズを変えたり、カメラの設定をいろいろ変えたりして「自分で表現する」写真を撮ってみたい。

 

ホームページの写真を撮るカメラの選び方のまとめ

 ホームページの写真を取るためのカメラは、イメージセンサーのサイズ、カメラのボディのサイズ、予算、見た目の好き嫌いで選びます。

 デジタルカメラの細かい性能を比較検討するのはそれはそれで楽しいです。が、写真をきれいに撮るコツを押さえて、どんどん撮ってカメラを使いこなしていくことのほうが、個人で作るホームページの写真をより素敵にする近道です。

飲食店の一番簡単なホームページの作り方はこちらの記事で紹介しています