このサイトで私がおすすめしているホームページ作成サービスの「グーペ」は、15日間無料で使うことができます。

 15日間って、PCが得な人やブログ運営をしたことのある人にとっては、十分すぎる時間です。

ですが、ネットサーフィンとかネットショピングはよくするけど、ブログもやらないし、デジカメの写真をPCに保存したりもしない、という人にとっては、”自分でできるかな?”という微妙なラインでもあります。

というわけで、「グーペの使い方」では、お店のホームページをある程度の体裁を整えるところまでを図解しながら紹介していきます。

 無料お試し15日間をぜひ有効に使ってみてください。無料期間に頑張って作ったホームページは、もちろん有料に切り替えても引き継がれます。

 まずは、無料お試し15日間でホームページをはじめるところからスタートしましょ。

ホームページ作成サービス「グーペ」

グーペ無料お試し15日間に登録する

まずはグーペのページに行ったら、ズズッーとしたの方までスクロールしていって、見てみてください。

 こんなホームページが作れるのかーというのがなんとなく分かります。

 ひと通り眺めたら「ホームページを始める」をクリックします。

Goope

 色んな所に「ホームページを始める」ボタンはあるので、どこでも大丈夫です。

 どこから行っても、わいは最初から有料で使いたいんや!という人も、最初は無料お試し15日間からのスタートになります。

 IDパスワードメールアドレスを入れます。

Goope2

 ログインIDは半角の英数で6〜15文字で好きなIDを自分で決めます。すでに使われているIDは設定するとこはできません。

 パスワードも半角の英字、数字、記号を2種類以上使って、自分で決めます。8文字以上のパスワードを設定します。

 メールアドレスは、メールを受け取れる自分のメールアドレスを入れます。

 そして、このIDとパスワード、メールアドレスは忘れないようにどこかにメモっておきます。

 ここまで来たら「利用規約に同意して申し込む」をクリック。

Goope3

 無事、この画面が出たら「管理画面へ」をクリック。

Goope4

 「初期設定へ進む」をクリックします。

 とここで、グーペから本人確認のメールが登録したメールアドレスに届いていたら、本人確認を先にしておきます。

 メールを開きます。

Goope9

 こんなやつです。このメールが届いていたら「ご本人確認URL」というのをクリックします。

すると

Goope6

 この画面になります。「管理画面へ」をクリックすると元のページに戻ってきます。

 初期設定の最初は、「お客様情報」です。

Goope5

 ここでは、自分の情報を入れます。自分の名前、住所、電話番号です。お店や、事業所の住所とかではありません。

 入力したら「事業者情報登録へ」をくりっくします。

Goope7

 事業者情報を入力します。

 アドレスは自分のお店のホームページのアドレスです。ホームページのURLは後から変更することができません。なので、よく考えてつけてください。

 自分のお店のホームページのURLとしてふさわしい名前を入れてください。すでに誰かに使われているものは設定することができません。
(もちろん独自ドメインは後から設定できます。⇒独自ドメインって何?

 アドレス以外のサイト名や、住所などは、新規出店でまだ名前が決まってないとか、住所がちゃんとは分からないという場合でも、後から変更できるので大丈夫です。

 「ホームページ作成」をクリック。

Goope11

 これで、自分のホームページをもつことができました。

 「管理画面へ進む」をクリックします。

Goope8

 これがグーペの管理画面です。ここから色々と自分のホームページを作りこんでいきます。

 まずは、とりあえず、登録してすぐの状態の自分のホームページを見てみましょう。

 「サイトを確認」をクリック。

Goope10

 おおっ!こんな感じに、自分のお店の名前の入ったホームページができているはずです!

 まずは、グーペに登録完了です。

 15日間でちょっとずつ、自分のお店のホームページにしていきましょ。


グーペで作成中のサンプルホームページ
 こんな感じのホームページの作り方を解説していきます。